映画「SEOUL STATION(ソウル・ステーション/パンデミック)」映画「SEOUL STATION(ソウル・ステーション/パンデミック)」

映画「SEOUL STATION(ソウル・ステーション/パンデミック)」監督・スタッフ

映画「SEOUL STATION(ソウル・ステーション/パンデミック)」イントロ

世界を席巻した怒濤のサバイバル・アクション
『新感染ファイナルエクスプレス』には恐るべき前日譚があった!

2016年の韓国映画界は1本のゾンビ映画の話題で持ちきりだった。ソウル発プサン行きの韓国高速鉄道KTXの列車内で発生した感染パニックの凄まじい恐怖を、怒濤のサバイバル・アクションとして実写化したその映画は、昨年夏に同国で封切られるや大反響を呼び起こし、1100万人以上の観客動員を達成する歴史的な大ヒットを記録。カンヌ国際映画祭をはじめとする世界18の映画祭で上映されて好評を博し、日本では『新感染ファイナルエクスプレス』というタイトルでの公開が決定。ハリウッドでリメイクされるとのニュースも飛び交っている。

まるで突然変異のように韓国に出現した本格的なゾンビ・ホラーに誰もが驚いたが、実はそれには重要な“伏線”があった。『新感染ファイナルエクスプレス』で鮮烈な実写長編デビューを飾ったヨン・サンホ監督は、もともと知る人ぞ知る気鋭の社会派アニメーション作家。校内暴力を題材にした『豚の王』(11)、新興宗教を扱った『フェイク』(13)で国内外の高い評価を得てきた。そのヨン監督が長編アニメ第3作として完成させたのが、『新感染~』の前日譚にあたる『ソウル・ステーション/パンデミック』である。

すべての事の始まりは、とある夏の夜、ひとりの年老いたホームレスが首に大ケガを負い、誰にも助けてもらえずソウル駅で息絶えたことだった。すると、そのホームレスは地獄の淵から甦ったかのように凶暴化して復活。それをきっかけに未知のウイルスに感染して豹変した人々が、街のあちこちで正常な市民に猛スピードで襲いかかり、無差別に噛みつく事件が続発する。その異常な状況に巻き込まれた元風俗嬢のヘスンは、感染者の数が急激に膨れ上がる深夜のソウルの街をあてどなく逃げまどうはめに。その頃、ヘスンの恋人と父親は必死に彼女を捜し回っていたが、警察はまったく事態を把握できず、遅ればせながら出動した軍隊は一般市民を暴徒と見なして発砲。やがて、ただ「家に帰りたい」と願うヘスンの身に、さらなる非情な運命が降りかかるのだった……。

社会の底辺であえぐ庶民の“魂の叫び”を刻み込んだ
巧妙かつスリリングなドラマ、そして衝撃のエンディング!

ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭シルバークロウ賞、アジア・パシフィック・スクリーン・アワード最優秀長編アニメ賞に輝いたほか、数多くの映画祭で絶賛を博した『ソウル・ステーション/パンデミック』は、ソウル駅周辺で勃発した感染パニックの始まりを描き、『新感染ファイナルエクスプレス』の冒頭へと連なる物語である。いわゆる“プレクエル”として『新感染~』に圧倒された映画ファンの興味をかき立てるとともに、本作は単独の長編アニメとしても並々ならぬ完成度の高さを誇っている。このジャンルの巨匠ジョージ・A・ロメロの一連の作品が鋭い文明批評をはらんでいたように、借金を抱えた元風俗嬢、勤労意欲をなくしたヒモ男、さらには路上生活者を主要キャラクターに設定し、彼らを取り巻く残酷な現実をスリリングかつ容赦なく描いていく。

格差社会における階級間の断絶、いざ肝心なときに市民を救ってくれない国家権力の機能不全、極限状況下に露わになる人間のエゴの醜さ……。これらの痛烈なエピソードを盛り込みながら、社会の底辺であえぐ主人公たちの孤独と絶望をあぶり出す、ヨン・サンホ監督の巧妙にしてリアルなストーリーテリングに引き込まれずにいられない。そして高級マンションのモデルルームを舞台にした皮肉たっぷりのクライマックスでは、誰もが言葉を失うであろう予測不可能なひねりが炸裂! 庶民の心のよりどころである“家”に寓意をこめて、ヒロインのあまりにも切ない魂の叫びを伝える衝撃的なエンディングは、しばし忘れられないほどの深い余韻を残す。まさしくゾンビ映画というジャンルの可能性を押し広げ、現代社会を生きる私たちの胸をえぐる、恐るべき問題作の登場である。

GALLERY

映画「SEOUL STATION(ソウル・ステーション/パンデミック)」 ストーリー

蒸し暑い夏の夜、ソウル駅の片隅でホームレスの老人が首から血を流していた。それに気づいた弟は慌ててソーシャルワーカーや警備員に助けを求めるが、誰も真面目に取り合ってくれない。そうこうしているうちに終電の時間が過ぎた頃、老人は息絶えてしまい、弟は「兄が死んでしまった。助けてください!」と駅員にすがりつく。しかし奇妙なことに元の場所に兄の姿はなく、血痕だけが残されていた。狐につままれたような気分で捜索を始めた弟は、道ばたで若い男性の体に噛みついている兄を発見する。次の瞬間、別人のように凶悪な形相の兄は、弟にも猛然と襲いかかった。

合ってくれない。そうこうしているうちに終電の時間が過ぎた頃、老人は息絶えてしまい、弟は「兄が死んでしまった。助けてください!」と駅員にすがりつく。しかし奇妙なことに元の場所に兄の姿はなく、血痕だけが残されていた。狐につままれたような気分で捜索を始めた弟は、道ばたで若い男性の体に噛みついている兄を発見する。次の瞬間、別人のように凶悪な形相の兄は、弟にも猛然と襲いかかった。

その日、場末の安宿に身を寄せている若い女性ヘスンは、恋人キウンのひどい仕打ちに呆れ返っていた。へスンの体を売ってカネを稼ごうと、勝手に出会い系サイトに彼女の写真をアップしていたのだ。ヘスンが反発すると、ぐうたらなヒモ男のキウンは「風俗店から逃げてきて、家もなかったお前を拾ってやったのは誰だ!」と逆ギレする始末。こうしてヘスンとケンカ別れしたキウンは、サイトを見て連絡してきたはるか年上の男性と落ち合うが、彼は家出中のヘスンを捜している父親だった。娘を娼婦扱いしたキウンに怒り心頭の父親は、彼を車に乗せ、宿でヘスンの帰りを待つことにする。ところが突然、目を血走らせた宿の女主人や隣室の客に襲撃され、わけのわからないまま逃げるはめになってしまう。

その頃、すでにソウルの中心部では、同様の異常な事件があちこちで起こっていた。何らかのウイルスに感染した人々が正常な市民に噛みつき、噛みつかれた者たちも次々と凶暴化していたのだ。そんな前代未聞の事態のさなか、あてどなく深夜の街をさまよっていたヘスンも感染者に遭遇。命からがら警察署に駆け込むが、そこにも感染者の群れが押し寄せ、ホームレスの中年男とともに裏口から脱出する。恐怖のどん底に突き落とされたヘスンが、真っ暗な地下鉄の線路を歩きながら「……家に帰りたい」と涙をこぼすと、中年男も「俺には帰る家がない!」と叫んでその場に泣き崩れた。

地上に出たヘスンは電話をかけてきたキウンに「早く迎えに来て」と訴えるが、またも感染者に見つかってしまう。彼女と中年男を救ってくれたのは、路地にバリケードを築いた人々だった。しかし、そこも安全ではなかった。路地の反対側は、救助を求める一般市民を“暴動の扇動者”と決めつけた機動隊によって封鎖されていたのだ。まもなく出動した軍は、絶望のあまり平常心を失った市民に向けて実弾と催涙弾を発射。軍と感染者の大群に挟み撃ちにされる格好になった彼らは、哀れにも感染者の餌食となった。

ただひとり奇跡的に難を逃れたヘスンは、必死の思いで彼女を捜し続ける父親やキウンと合流することができるのか。信じがたい悪夢が現実となったこの夜、悲しみに暮れるヘスンの行く手には、さらなる想像を絶する残酷な運命が待ち受けていた……。

GALLERY

映画「SEOUL STATION(ソウル・ステーション/パンデミック)」コメント

北海道地区

地域 劇場名 電話番号 公開日
札幌市 ディノスシネマズ札幌劇場 011-221-3802 上映終了

東北地区

地域 劇場名 電話番号 公開日
仙台市 チネ・ラヴィータ 022-299-5555 上映終了

関東地区

地域 劇場名 電話番号 公開日
新宿区 早稲田松竹 03-3200-8968 01/06~01/12 ※3回上映
新宿区 新宿ピカデリー 03-5367-1144 上映終了
渋谷区 ヒューマントラストシネマ渋谷 03-5468-5551 上映終了
新宿区 角川シネマ新宿 03-5361-7878 上映終了
大田区 キネカ大森 03-3762-6000 上映終了
渋谷区 渋谷ユーロスペース 03-3461-0211 上映終了
横浜市 シネマ・ジャック&ベティ 045-222-6222 02/10~02/16
川崎市 109シネマズ川崎 0570-007-109 上映終了
三郷市 MOVIX三郷 050-6861-4255 上映終了
高崎市 シネマテークたかさき 027-325-1744 11月4日~

甲信越地区

地域 劇場名 電話番号 公開日
山梨・笛吹市 テアトル石和 055-262-4674 上映終了
長野・松本市 松本cinemaセレクト 0263-98-4928 近日

中部・北陸地区

地域 劇場名 電話番号 公開日
名古屋市 ミッドランドスクエア 052-527-8877 上映終了
金沢市 シネモンド 076-220-5007 11月18日~

関西地区

地域 劇場名 電話番号 公開日
大阪市 なんばパークスシネマ 06-6643-3215 上映終了
大阪市 シネ・リーブル梅田 06-6440-5930 上映終了
京都市 MOVIX京都 075-254-3215 上映終了
神戸市 神戸国際松竹 078-230-3580 上映終了

中国・四国地区

地域 劇場名 電話番号 公開日
岡山市 シネマクレール 086-231-0019 上映終了
広島市 109シネマズ広島 082-501-3103 上映終了
松山市 シネマルナティック 089-933-9240 上映終了

九州・沖縄地区

地域 劇場名 電話番号 公開日
佐賀市 シアターシエマ 0952-27-5116 12/16~12/22 ※1回上映
別府市 別府シネマブルーバード 0977-21-1192 01/13~01/19 ※1回上映
福岡市 KBCシネマ 092-751-4268 上映終了
熊本市 Denkikan 096-352-2121 上映終了